0985-25-8701

ブログ

2021/08/20(金)

【前屈みの腰痛】”簡単”な技教えます!!!【 長座体前屈 】

カテゴリー:ぎっくり腰, 反り腰, 坐骨神経痛, 慢性腰痛, 未分類, 椎間板ヘルニア, 生理痛・生理不順, 産後骨盤矯正, 脊柱管狭窄症, 腰椎すべり症, 腰椎分離症

 

from 早川大介

・・・治療院のデスクから

 

こんにちは!

早川です。

 

さあ今日は

 

前屈み時の

 

腰痛

 

について

お話させて頂きます。

 

お尻と腰は近い位置にある

部位であり、

お尻の不調が腰に悪影響を

与えるケースも

見受けられます。

お尻の不調として

覚えておきたいのが

血行不良です。

デスクワークを

はじめとした

長時間同じ体勢を

強いられる作業を

続けていると、

お尻の筋肉の血行が

悪くなります。

お尻が血行不良になることで、

すぐ近くにある

腰の筋肉の血行も

悪化するという流れです。

血行不良に陥った筋肉

強張り、痛みや倦怠感を

生み出すことがあります。

また、

お尻の筋肉が

硬くなることで

腰の筋肉に過剰な負担が

生じてしまいます。

これがお尻を原因とした

腰痛の一例です。

この他にも、

お尻の筋肉が

衰えてしまったことで、

弱ったお尻を

カバーしようと腰の筋肉が

オーバーワークに陥る現象

腰痛を引き起こします。

腰痛防止はお尻の筋肉がカギになる

血行不良や筋力の衰えが

お尻に生じた結果、

腰痛を

引き起こしているので

あれば、お尻の筋肉を

ケアすることが腰痛改善に

つながる可能性があります。

お尻のケアとして

取り組んで欲しいのが

ストレッチや筋トレです。

ストレッチと筋トレは

どちらも筋肉に刺激を

与える運動であり、

血行促進効果が期待できます。

ストレッチについては

強張ったお尻の筋肉を

柔らかくする効果があり、

筋トレは

筋力増強効果で

お尻の筋肉を

ケアすることが

可能なのです。

今日はお尻のストレッチ

動画を

配信します。

動画はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

産後骨盤矯正

腱鞘炎

五十肩

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

椎間板ヘルニア

脊椎管狭窄症

ぎっくり腰

腰椎分離症

腰椎すべり症

慢性の肩こり

体に不自由なく、

健康で幸せな生活を送りましょう!

 

痺れが辛い。

腰痛で辛い。

体に悩みがある。

そんなあなた。

下にある電話番号から

お問い合わせください。

 

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました!

PS.

【期間限定のご案内】

整体KAWASHIMAの技術が

初回2980円で受けれます。

↓ ↓ ↓

【問い合わせ】

0985-25-8701

「ブログを見て電話しました」

とお伝えいただくと

スムーズに予約できます!!

 

 

【早川大介/DAUISUKE HAYAKAWA】

整体KAWASHIMA

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0985-25-8701

【受付時間】9:00〜21:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時~21時まででご予約はお電話、又はメールにてお受けしています。診察時間外はメールにてお願いします。尚、施術中はお電話がお受けできない場合がございます。メールは24時間年中無休でお受けしていますので、そちらからのご連絡をお待ちしています。
※メールでのご予約の場合は、お名前、お電話番号、メールアドレス、住所、希望日時、をご記入の上ご連絡ください。